メニューへ 本文へ

政治

文大統領 「軍事合意は北韓にNLL認めさせた」

Write: 2018-10-12 13:50:34Update: 2018-10-12 15:30:20

文大統領 「軍事合意は北韓にNLL認めさせた」

Photo : YONHAP News

9月の南北首脳会談で締結した軍事合意について、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12日、「北韓にNLL=北方限界線を認めさせたことで大きな意味がある」と述べました。
文大統領は12日午前、大統領府青瓦台で、新たに任命した軍の制服組トップ、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長らと面談し、「軍事合意は、北韓にNLLを認めさせたことで大きな意味がある。紛争の水域だったNLLを、これからは名実相伴う平和の水域にしていけるということで、ものすごい大転換だ」と強調しました。
続いて、「それによって、南北間の軍事衝突の可能性を遮断するだけでなく、操業が禁止されているこの水域の豊かな漁場で、南北の漁船が共同で操業できる区域を設定することになれば、大きく役立つだろう」と述べました。文大統領は、「このような構想は実は、全斗煥(チョン・ドゥファン)政権時代から進められたきたもので、北韓がNLLを認めなかったため、これまで具体的な合意に達せなかった。しかし、南北首脳会談で北韓が一貫してNLLを認めたため、NLLを中心に平和水域を設定し、共同漁業区域を設定することになった」と説明しました。

おすすめのコンテンツ