メニューへ 本文へ

政治

ヨーロッパ歴訪の途に 文在寅大統領

Write: 2018-10-13 11:55:35

ヨーロッパ歴訪の途に 文在寅大統領

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、13日、ヨーロッパ歴訪の途につきました。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日までの9日間、フランス、イタリア、ヴァチカン、ベルギー、デンマークを訪れることになり、13日、まず最初の訪問国、フランスに向かいました。
今回の歴訪は、ヨーロッパ諸国に韓半島の平和プロセスへの支持を訴えるためのものです。なかでも注目されるのは、ヴァチカン訪問です。文大統領は、17日、サンピエトロ大聖堂で行われる韓半島の平和を願う特別ミサに参列し、18日には、フランシスコ法王と会談する予定です。その際、北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長による平壌への招待を伝えるものとみられています。
文大統領は14日、最初の訪問国のフランス・パリで、「韓国・フランス友情コンサート」を鑑賞し、15日にはマクロン大統領と会談して合同記者会見を行います。
17日には、イタリアのコンテ首相と首脳会談を、19日にはベルギーのブリュッセルで開かれるASEM=アジア・ヨーロッパ首脳会議に出席します。そしてデンマークのコペンハーゲンに移動し、20日には「2030グローバル目標のための連帯」(P4G)の首脳会議に出席したあと、21日、帰国の途につきます。

おすすめのコンテンツ