メニューへ 本文へ

政治

朝鮮新報「現状維持好むなら対話は必要ない」

Write: 2018-11-10 11:35:51

朝鮮新報「現状維持好むなら対話は必要ない」

Photo : KBS News

朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の機関紙「朝鮮新報」は10日、
「アメリカが6.12共同宣言の履行ではなく現状維持を望むのであれば、対話を続ける必要はない」として、アメリカをけん制しました。
朝鮮新報は、開催が延期された米朝高官級会談について、トランプ大統領が「制裁は維持しており、私は決して急がない」とコメントしたことに触れ、このように主張しました。
朝鮮新報はまた、「トランプ大統領がアメリカの安全保障上の脅威は解消されたと指摘した、ミサイル発射実験の中断は北韓が先制的に行った措置であり、これに対するアメリカ側の見返りは何もない」と指摘しました。
そのうえで、朝鮮新報は「北韓外務省のアメリカ研究所長が2日の論評で、核開発と経済開発の併進路線の復活に触れたのは、研究所長個人の判断で公表できるものではない」と警告し、トランプ政権に対して6.12共同宣言の履行 を急ぐよう促しました。

おすすめのコンテンツ