メニューへ 本文へ

社会

航空旅客数1005万人 10月としては最多

Write: 2018-11-26 10:41:29

航空旅客数1005万人 10月としては最多

Photo : YONHAP News

ことし10月の航空旅客数が1005万人に上り、10月ベースとしてはこれまででもっとも多い数値となりました。
国土交通部によりますと、10月の航空旅客数は1005万人に上り、1年前の去年10月に比べて6.8%増加しました。
10月の航空旅客数としてはこれまででもっとも多い数値です。
なかでも、国際線の航空旅客数は1年前に比べて12%増加して734万人に上り、こちらも10月ベースとしてはこれまででもっとも多い数値となりました。
地域別では、中国路線が1年前に比べて23%増加したほか、ヨーロッパ路線15.4%、東南アジア路線11.6%、日本路線8%など、オセアニア路線を除くすべての国際線の航空旅客が増加しています。
一方、10月の国内線の航空旅客は272万人で、1年前に比べて5%減少しました。
これについて関係者は、国内線の航空旅客は減少したものの、中国からの旅行客が増加しているほか、国際線の航空路線の多様化などによって、航空旅客は当面好調を維持するものとみられると説明しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >