メニューへ 本文へ

社会

レーダー照射 双方の言い分に隔たり

Write: 2018-12-26 15:13:02Update: 2018-12-26 15:25:31

レーダー照射 双方の言い分に隔たり

Photo : YONHAP News

韓国東の海、東海で韓国海軍艦艇が海上自衛隊機へ火器管制レーダーを照射したとする主張をめぐって、韓国と日本の言い分が対立しています。
日本側は韓国海軍艦艇が20日午後に海上自衛隊機へ火器管制レーダーを照射したと主張しています。
当時、韓国海軍艦艇は遭難信号を送ってきた北韓船舶を捜索していましたが、その過程で海上自衛隊の哨戒機に遭遇しました。
問題となっている韓国海軍艦艇は航海用レーダー、探知用レーダー、火器管制レーダの三つのレーダーを搭載しています。
日本側は韓国海軍艦艇が火器管制レーダーを複数回使用して、事実上撃墜を試みたに等しいと主張していますが、韓国側は探知用レーダーについては使用を認めていますが、火器管制レーダーは使用していないとしています。
また、韓国側は、海上自衛隊機が韓国海軍艦艇の上空を低空で飛行したとして、艦艇の上空を低空で飛行するのは挑発に等しいとしていますが、日本側は低空で飛行した事実はないとしています。
双方の主張は隔たりがありますが、ともに具体的な証拠は提示していません。
両国は近く国防当局者が直接会ってこの問題について協議することにしました。

おすすめのコンテンツ