メニューへ 本文へ

社会

去年は1千万人超える 韓国・日本の人の往来

Write: 2019-02-02 13:58:01Update: 2019-02-02 16:13:21

去年は1千万人超える 韓国・日本の人の往来

韓国と日本を行き来した人の数が、去年初めて1000万人を超えました。
韓国駐在日本大使館が1日までに発表した資料によりますと、 去年、日本を訪れた韓国人は、おととしに比べて5.6%増えて753万9000人となり、過去最多となりました。
一方、韓国を訪れた日本人は27.6%増えて295万人となり、両国を行き来した人の数は合わせて1048万9000人と、初めて1000万人を超えました。
この数は両国の国交が正常化した1965年のおよそ1000倍にあたります。
韓国駐在日本大使館は、日本人のパスポート所有率が先進国の中では低いことや、海外旅行が振るわないことを考えれば、去年、韓国を訪れた日本人の増加ぶりはいちじるしいものがあると評価しています。
また、こうした背景には、LCC=格安航空会社の就航による座席数の増加やK-POPなど韓流ファンの増加が日本人の訪韓をけん引しているとみられ、韓日関係が厳しい状況にある中でも、大使館として人の交流の増加傾向が続くよう努力していくと話しています。


おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >