メニューへ 本文へ

国際

南北と日本 「東海・日本海」表記の非公式協議

Write: 2019-04-11 14:11:21Update: 2019-04-11 14:35:42

南北と日本 「東海・日本海」表記の非公式協議

Photo : YONHAP News

韓国と北韓、それに日本は、東海(トンへ)と日本海の表記問題に関連して、イギリスのロンドンで非公式の協議を行ったと、日本メディアが報じました。
複数の日本メデイアは日本政府の関係者に話として、南北と日本の担当者が東海と日本海の表記問題に関連して、現地時間の9日、ロンドンで非公式協議を行い、表記問題と直接は関係のないアメリカとイギリスの関係者も参加したと伝えました。
今回の協議は、IHO=国際水路機関が「日本海」と表記している地図の製作指針の改正について、韓国と協議の場を持つよう要請したことを受け開催されました。
世界各国の地図製作の指針となるIHOの刊行物「大洋と海の境界」には、1929年の初版から1953年の現行版まで「日本海」と表記されています。
韓国政府は基本的に「東海」と単独表記すべきとの立場ですが、日本との合意がなされるまでは東海と日本海を併記することを主張しています。一方で、日本政府は「日本海」が唯一の呼称であるとの主張を曲げずにいます。
日本側が協議に応じたのは、応じなかった場合、改正の過程で韓国の主張だけが受け入れられかねないとの懸念があったからとみられています。協議の詳しい内容は明らかにされていませんが、南北と日本がそれそれの立場を強調し、改めて隔たりが露呈したものと推測されています。

おすすめのコンテンツ