メニューへ 本文へ

政治

ノートルダム大聖堂火災 文大統領がお見舞いのメッセージ

Write: 2019-04-16 14:25:17Update: 2019-04-16 14:39:45

ノートルダム大聖堂火災 文大統領がお見舞いのメッセージ

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、フランス・パリにあるノートルダム大聖堂で起きた火災について、フランス国民に向けてお見舞いのメッセージを伝えました。
文大統領は16日、SNSに「ノートルダム大聖堂は人類の歴史の重要な宝の一つで、われわれみんなの喪失だ。とてもいたましい」と書き込み、「フランス国民の無念さは計り知れない。ともに慰め合い、復元できると信じている」と応援の言葉を送りました。
ノートルダム大聖堂はパリを代表する観光名所でユネスコの世界文化遺産にも登録されていますが、現地時間の15日午後、大規模な火災が発生し、中央にあるせん塔が焼け落ちたほか、屋根の3分の2が崩れ落ちました。

おすすめのコンテンツ