メニューへ 本文へ

国際

米国 北韓への渡航歴者に対しESTA発給を制限

Write: 2019-08-06 13:27:06Update: 2019-08-06 17:47:12

Photo : YONHAP News

アメリカ政府は、2011年3月1日以降、北韓に渡航したことがある者に対して、入国の事前申請をインターネットで受け付ける電子渡航認証申請システム(ESTA)によるビザなし入国を制限する措置を取りました。
外交部が6日に明らかにしたもので、これにより、過去に北韓へ渡航したことがある者は、アメリカに入国する前にビザの発給を受けなければならなくなります。
今回の措置の適用を受ける韓国人はおよそ3万7000人とされています。
外交部は、アメリカがどのような方法で北韓への渡航歴を確認するかについては説明していません。
今回のアメリカの措置は、2017年11月に北韓をテロ支援国家に再指定したことによる行政措置で、韓国だけでなく、アメリカのビザ免除プログラムに加入した38か国の国民が対象となります。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >