メニューへ 本文へ

政治

GSOMIA破棄 韓国政府、ハリス米大使呼び懸念表明の自制を要請

Write: 2019-08-29 11:06:37Update: 2019-08-29 13:50:50

GSOMIA破棄 韓国政府、ハリス米大使呼び懸念表明の自制を要請

Photo : YONHAP News

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を韓国が通告したことに対し、アメリカ政府が失望などの表現を使って批判を公の場で繰り返していることについて、外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は28日、ハリス韓国駐在アメリカ大使を呼び、批判を自制するよう求めました。
外交部によりますと、趙次官は、ハリス大使に対し、「アメリカ政府の考えは十分に伝わっている。失望や懸念などの表現を公の場で繰り返すのは、韓米同盟強化の助けにならない。このようなメッセージは自制してほしい」と求めたということです。
そのうえで、「協定破棄は韓日関係の文脈で決めたもので、韓米同盟と関係なく、今後もアメリカと緊密に協調し、韓日米の安保協力を維持する」と述べたということです。
外交部がアメリカの大使を呼んで、アメリカ政府の発言について抗議に近い形で意見を伝えるのは極めて異例のことです。外交部は、面会のようなものだったとしていますが、事実上、抗議の性格が強かったとの見方が出ています。
ハリス大使は、韓国政府の意見をアメリカに伝えると答えたということです。

おすすめのコンテンツ