メニューへ 本文へ

社会

秋夕連休がスタート

Write: 2019-09-12 14:00:52

秋夕連休がスタート

Photo : KBS News

旧暦のお盆、秋夕(チュソク)連休が12日から始まり、全国の高速道路は帰省ラッシュで混雑しています。
韓国道路公社によりますと、12日は首都圏から地方へ49万台、地方から首都圏へ38万台がそれぞれ移動し、全国の交通量は517万台に達する見込みです。
道路公社の関係者は「きのうから始まった首都圏から地方への帰省は今夜まで続く見通しで、午前11時から正午までがピークだが、渋滞は午後7時から8時ごろには解消する見通しだ」と説明しています。
ソウル料金所からの所要時間は、釜山(プサン)までが8時間、蔚山(ウルサン)7時間30分、大邱(テグ)7時間、光州(クァンジュ)6時間50分、大田(テジョン)4時間40分とされています。
ことしは秋夕の休みがいつもの年より短い4連休であるため、帰省しない人は海外旅行より国内旅行に行く傾向が目立っています。
ソーシャルコマースの「ティーモン(TMON)」によりますと、去年の秋夕に比べて海外旅行商品の売り上げが30%減ったということです。

おすすめのコンテンツ