メニューへ 本文へ

韓半島

朝鮮中央テレビ、ICBM発射の記録映像を放送

Write: 2019-10-10 10:48:29Update: 2019-10-10 10:53:27

朝鮮中央テレビ、ICBM発射の記録映像を放送

Photo : YONHAP News

米朝の実務者交渉が物別れに終わり、交渉再開の見通しが立っていない中、北韓の朝鮮中央テレビは8日、ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射映像を放送しました。北韓のメディアでICBMの映像が公開されたのは1年8か月ぶりです。
朝鮮中央テレビは8日から「自力で勝利を収めてきた輝かしい歴史」という題名の記録映画を放送しています。この記録映画では、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長時代の防衛分野における自力更生の例として、最近発射した新型のSLBM=潜水艦発射弾道ミサイル「北極星3型」のほか、ICBMの「火星14型」と「火星15型」の試験発射映像が使われています。一方、今回の記録映画では核実験の映像は使われませんでした。
北韓のメディアでICBMの発射映像が公開されたのは1年8か月ぶりで、 スウェーデンのストックホルムで行われた米朝の実務者交渉が決裂した後、放送されたことから、アメリカに立場を変えるよう圧力をかける意図があるとの見方が出ています。

おすすめのコンテンツ