メニューへ 本文へ

政治

韓国と中国の「国防戦略対話」 5年ぶりに再開

Write: 2019-10-21 13:50:26Update: 2019-10-21 18:17:14

Photo : YONHAP News

アメリカの高高度迎撃ミサイルシステム「サード」の韓国配備の影響を受けて中断されていた韓国と中国の国防戦略対話が5年ぶりに再開されました。
国防部次官は、20日から3日間の日程で中国北京を訪れ、21日に開かれた次官級の第5回韓中国防戦略対話に出席しました。
また魏鳳和(ぎ・ほうわ)国防相とも会談します。
韓国と中国の国防戦略対話は2011年7月の韓中国防相会談で合意された定期的な会議で、韓国からは国防次官が、中国からは共産党中央軍事委員会連合参謀部副参謀長がそれぞれ首席代表として出席します。
この会議は2011年から2014年まで毎年開かれましたが、「サード」の韓国配備の影響で中断されました。
今回、対話が再開されたのを機に「サード」の韓国配備で中断されていた両国の国防・軍事面での交流・協力が正常化するかどうかに関心が寄せられています。

おすすめのコンテンツ