メニューへ 本文へ

韓半島

米朝非核化交渉の再開 スウェーデンが仲介役か

Write: 2019-11-19 12:53:28

米朝非核化交渉の再開 スウェーデンが仲介役か

Photo : Getty Images Bank

非核化をめぐる米朝実務者協議をめぐり、アメリカからの協議再開の提案を北韓に伝えた第三国はスウェーデンだと、複数の消息筋が18日明らかにしました。
非核化をめぐる米朝実務者協議の北韓側の首席代表を務める金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使は14日、アメリカ国務省のビーガン北韓担当特別代表が第三国を通じて12月中の協議再開を提案してきたと明らかにしています。
これについて、複数の消息筋は18日、「アメリカは今月10日ごろ、スウェーデンに米朝実務交渉を再開する意向があることを示し、これを北韓側に伝えるよう求めたもようだ。スウェーデンは、先月はじめに行なわれた米朝実務交渉の開催場所となっており、交渉決裂後には3週間以内に交渉を再開することを提案するなど、仲裁の役割をしている」と述べました。
アメリカがスウェーデンを北韓とのコミュニケーションの窓口として活用するのは、北韓の制裁緩和要求にそう簡単には応じない姿勢を示すとともに、非核化交渉が再度決裂した場合の衝撃を和らげる狙いがあるとみられていて、従来韓国が担っていた役割をスウェーデンが代わりに担っているとの見方も出ています。

おすすめのコンテンツ