メニューへ 本文へ

政治

韓国、ホルムズ海峡への派兵決定 独自に活動

Write: 2020-01-21 13:57:05Update: 2020-01-21 18:50:09

Photo : YONHAP News

韓国国防部は21日、中東イラン近海のホルムズ海峡に海軍部隊を派遣することを決めたと発表しました。
中東地域の情勢を踏まえ、韓国国民の安全と船舶の自由航行を保障するため、海賊から韓国船を保護する目的でソマリア沖・アデン湾に派遣している清海(チョンヘ)部隊の活動範囲を、一時的にオマーン湾、ペルシャ湾にまで拡大するということです。
アメリカは韓国に、アメリカが主導する有志連合への参加を求めてきましたが、清海部隊は有志連合には直接参加せず、韓国軍の指揮下で国民と船舶を保護する独自任務を行うことになります。
その一方で、国防部は、清海部隊が独自に作戦を遂行する際、必要に応じて有志連合と協力する方針も示しています。
国防部は、「去年5月、中東地域で緊張が高まり、その後、内部でさまざまな案を検討してきた。有事の際の韓国国民と船舶の保護、安定的な原油輸送を最優先に考慮した」と説明しています。
国防部はアメリカ国防総省に韓国政府の立場を説明し、アメリカ側は韓国側の決定を歓迎し、期待するとの立場を表明したということです。
また、韓国外交部はイランにもこうした決定を伝えており、イラン側は韓国側の決定に理解を示し、自国の立場を説明したということです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >