メニューへ 本文へ

社会

新型肺炎の検査対象を拡大 中国渡航歴なくても対象になる

Write: 2020-02-07 11:16:33

新型肺炎の検査対象を拡大 中国渡航歴なくても対象になる

Photo : YONHAP News

中国への渡航歴がない人からも新型コロナウイルスの感染が確認されていることを受け、中央防疫対策本部は、ウイルス検査を受ける対象を拡大することにしました。
これまで、新型コロナウイルスの検査対象となっていたのは、中国武漢を含む湖北省を訪問してから2週間以内に発熱や呼吸器症状が出た人か、感染が確認された人と濃厚接触してから2週間以内に発熱や呼吸器症状が出た人と定義し、報告やウイルス検査などの対象としていました。
しかし、中国の渡航歴がなくても感染が確認された患者が増えていることを受け、渡航歴については、湖北省から中国全土へと広げたほか、中国の渡航歴がなくても医師の判断の下で、感染が疑われる人も新たに対象に含めることにしました。
中央防疫対策本部は「今回の改正によって、検査の対象が大きく増えるとみられる。軽い症状が出ている人の中から感染が確認されるケースが増えるだろう」と説明しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >