メニューへ 本文へ

国際

米大統領の「G7拡大案」に相次ぐ反対 韓国政府「議論見守って必要時に協力」

Write: 2020-06-04 10:08:42Update: 2020-06-04 10:09:37

米大統領の「G7拡大案」に相次ぐ反対 韓国政府「議論見守って必要時に協力」

Photo : YONHAP News

アメリカのトランプ大統領が、G7サミット=主要7か国首脳会議に韓国やロシアなど、複数の国を招待する意向を示したことに、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は歓迎の意を表明しましたが、G7加盟国からは、反対する声が相次いでいます。
ヨーロッパ連合は、韓国とともに「G7拡大」の参加要請を受けたロシアについて、「ロシアは、ウクライナから奪ってクリミア半島を併合したことで、当時のG8から排除された。2014年当時からその方針を変えていない」として、ロシアを拡大G7サミットのメンバーとして受け入れることに反対すると表明しました。イギリスやカナダも、ロシアの参加を支持しない考えを示しています。
一方、ロシアは、トランプ大統領のG7拡大案について、正しい方向だと評価しながらも、中国が参加しなければ意味がないとして、慎重な立場をみせました。
これについて韓国外交部は3日、記者団に対し、「従来のG7加盟国による今後の議論を見守りながら、必要な協力を行っていく」と述べました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >