メニューへ 本文へ

政治

韓国、ASEAN諸国の職業訓練を支援へ 3年で690万ドル

Write: 2020-09-29 09:25:27Update: 2020-09-29 09:39:53

韓国、ASEAN諸国の職業訓練を支援へ 3年で690万ドル

Photo : YONHAP News

韓国政府は、ASEAN=東南アジア諸国連合10か国に対する職業技術の教育訓練に3年間で690万ドルを支援する事業を発足させました。
林聖男(イム・ソンナム)ASEAN駐在大使は28日、オンラインで開かれた事業の発足式で、「ASEAN諸国の開発格差の解消に役立ち、韓国政府の新南方政策が目標とする『人間中心の平和と繁栄』の実現に貢献することを期待している」と語りました。
韓国政府は、過去数十年間にわたってKOICA=韓国国際協力団などを通じてASEAN諸国に対して職業訓練を支援してきました。
しかし、ASEAN諸国の経済開発段階は国ごとにまちまちで、職業訓練の水準や国の資格制度も異なることから、韓国政府は今回の事業を通じて人的資源開発の格差解消を支援する計画です。
今回の事業は、ASEAN諸国10か国全体を対象に1年間、国ごとの労働市場や職業訓練水準を分析して、教育が必要な優先分野を選定し、国ごとに10人ずつ、合わせて100人ほどの職業訓練教師を韓国に招待して教育するかたちで進められます。
そして、韓国で研修したおよそ100人がASEAN諸国の職業訓練所に配置され400人を教育し、韓国からも専門家を現地に派遣してコンサルティングを行うということです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >