メニューへ 本文へ

社会

アシアナ航空など 米ボーイング777型機の運航停止へ

Write: 2021-02-23 13:01:01Update: 2021-02-23 13:49:50

アシアナ航空など 米ボーイング777型機の運航停止へ

Photo : YONHAP News

アメリカ西部のコロラド州デンバーを離陸したユナイテッド航空の旅客機のエンジンが炎上した事故を受けて、アシアナ航空と大韓航空は、この旅客機と同じエンジンを搭載したボーイング777型機の運航を停止することになりました。 
今月20日、デンバー発ハワイ・ホノルル行きユナイテッド航空の旅客機のエンジンが離陸後間もなく炎上し、複数の部品がデンバー郊外の住宅地に落下する事故が起きています。この事故を受けてボーイング社は翌21日、この旅客機と同じエンジンを搭載したボーイング777型機合わせて128機の運航停止を勧告しています。
事故機と同じエンジンを搭載したボーイング777型機は、おもにアメリカ、日本、韓国で運航していて、アメリカのユナイテッド航空は直ちに関係するすべての機体の運航を停止し、日本の国土交通省も日本航空、全日空に運航を停止させました。
韓国では大韓航空が16機、アシアナが9機、ジンエアーが4機を運航していて、このうちアシアナは、国土交通部の指針はまだ出ていませんが、自主的に運航停止を決めました。
大韓航空は16機のうち14機は運航を停止し、比較的新しいエンジンの残りの2機については、国土交通部の指針が出次第、停止するとしています。
ジンエアーも国土交通部の指針に従うとしています。
国土交通部は、アメリカ連邦航空局の決定を見守って、運航停止を決める方針です。
新型コロナウイルス感染症の影響で、航空機の運用に余裕があるため、各社の運航日程には支障が出ないとみられます。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >