メニューへ 本文へ

エンタメニュース

「椿の花咲く頃」 視聴率20.7%で番組最高更新

2019-11-14

K-POP INDEX

© KBS

KBS水木ドラマ「椿の花咲く頃」が視聴率20%を突破したことが14日、分かりました。


13日に放送された第33話は17.9%、第34話は番組最高となる20.7%を記録しました。人気の理由は主演のコン・ヒョジンとカン・ハヌルをはじめとする俳優陣の名演技、脚本家のイム・サンチュンが手がける味のある台詞やヒューマニズムとスリラーを絶妙に交えたストーリーにあるとみられています。


なお、地上波で放送されている水木ドラマの視聴率は、MBCの「偶然発見した一日」が2.9%~3.1%、SBSの「シークレット・ブティック」が3%でした。

おすすめのコンテンツ