メニューへ 本文へ

社会

光化門広場のセウォル号犠牲者の焼香所撤去 遺影はソウル市庁へ

Write: 2019-03-18 10:51:48Update: 2019-03-18 11:37:24

光化門広場のセウォル号犠牲者の焼香所撤去 遺影はソウル市庁へ

Photo : YONHAP News

2014年4月、南西部の珍島(チンド)沖で沈没した旅客船「セウォル号」の犠牲者304人の遺影が掲げられていたソウル光化門(クァンファムン)広場の焼香所が、17日撤去され、遺影はソウル市庁に移されました。
セウォル号沈没事故家族協議会は17日午前10時、光化門広場で犠牲者304人の遺影を移す式典を行いました。
式典には、犠牲者の家族や市民ら100人あまりが出席しました。
焼香所は18日、4年8か月ぶりに撤去され、遺影は、適切な場所が見つかるまで、ソウル市庁の地下書庫に臨時保管される予定です。
ソウル市は、光化門広場の焼香所が設置されていた場所には、セウォル号沈没事故を記憶し、安全の重要性を知らせる展示スペースを設ける方針です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >