メニューへ 本文へ

政治

韓日艦艇が米主導の訓練に参加 レーダー照射後初めて

Write: 2019-05-24 09:43:38

韓日艦艇が米主導の訓練に参加 レーダー照射後初めて

Photo : YONHAP News

グアム島周辺海域でのアメリカ主導の海軍の共同訓練に、韓国と日本の艦艇がともに参加していることがわかりました。
韓日が共同で訓練を行ったのは、去年12月に韓国海軍の艦艇が日本の海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題の後、初めてです。
複数の政府消息筋が明らかにしたところによりますと、韓国、アメリカ、日本、オーストラリアの4か国の海軍による共同訓練が、23日から太平洋のグアム島周辺海域で始まったということです。
この訓練に韓国海軍は駆逐艦1隻、日本の海上自衛隊は駆逐艦と海上哨戒機をそれぞれ派遣したとされます。
この消息筋は、「アメリカが、レーダー照射問題で対立する韓日の仲裁のため両国に参加を要請した」と話しています。
韓国海軍は、日本の海上自衛隊との間で艦艇間の交信、捜索救助訓練などを行うとされます。
両国海軍の間の交流は、レーダー照射問題の後初めてとなります。
両国はレーダー照射問題の解決に向けて、先月10日と11日に防衛当局間で非公開で接触しています。

おすすめのコンテンツ