メニューへ 本文へ

社会

韓国、5G加入者が100万人突破 商用化から69日で

Write: 2019-06-13 14:02:36Update: 2019-06-13 14:02:58

韓国、5G加入者が100万人突破 商用化から69日で

Photo : YONHAP News

韓国の通信業界は、4月に国内で5G=第5世代移動通信システムが世界で初めて商用化されてから69日で加入者が100万人を突破したことを受けて、5Gネットワークの早期活性化に対する期待を示しました。
科学技術通信部によりますと、5Gの商用化がスタートした4月3日から69日目となる6月10日に、5G加入者が100万人を突破しました。
これは、2011年9月に始まった第4世代移動通信システムのLTE=ロングタームエボリューションの加入者が100万人に達するまで80日あまりかかったのと比べて、加入者の増加スピードが速く、通信業界は年内に5G加入者が400万人近くまで達するだろうと見通しています。
通信キャリア3社は、VR=仮想現実やAR=拡張現実、ゲームなどと関連した5Gコンテンツを提供する一方で、5G加入者にスマートフォン価格のおよそ半額を支援するなど大々的な5Gマーケティングを行った結果だと分析しています。
一方、科学技術通信部は、現在、全国の地下鉄路線などで5G受信環境の整備を行っており、来週から順次、空港や高速鉄道KTXの駅舎、大型ショッピングモール、展示場など全国120か所以上の建物内での5Gサービスを開始する予定です。
また、映画館やスポーツ競技場、大型スーパーなど350か所を追加で選定し、ことし下半期にも5G施設を整備する計画だということです。

おすすめのコンテンツ