メニューへ 本文へ

政治

統一部  WFPを通して北韓にコメ5万トン支援

Write: 2019-06-20 10:46:45Update: 2019-06-21 09:13:17

Photo : YONHAP News

政府は19日、国連の世界食糧計画(WFP)を通して、北韓に韓国産のコメ5万トンを支援することを明らかにしました。
政府が国際機構を通じて北韓にコメ支援を行うのは、2010年以来、9年ぶりで、韓国産のコメを支援するのは、今回が初めてです。
統一部の当局者は、「北韓の食糧状況を考慮し、世界食糧計画と緊密に協議した結果、韓国産のコメ5万トンを北韓に支援することにした」とし、「食糧が、できるだけ早く北韓の住民たちに届くことを期待する」と述べました。
一方、南北協力基金は、ことしの予算で、北韓への「救護支援事業」の名目で815億ウォンを確保し、この中には、コメ10万トンを支援することを想定した608億ウォンの予算も含まれています。
政府は、追加の食糧支援について、今回のコメ支援の進捗状況と北韓の食糧状況などを踏まえ、検討を進めるとしています。
政府は、国連の食糧農業機構(FAO)と世界食糧計画(WFP)が先月3日、ことしの北韓の食糧状況は、ここ10年間で最も深刻で、136万トンの食糧が不足していると発表したのを受け、北韓への食糧支援について本格的な検討に乗り出していました。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領も先月7日、アメリカのトランプ大統領と電話会談し、北韓への食糧支援に対するトランプ大統領の支持を得たとしています。

おすすめのコンテンツ