メニューへ 本文へ

韓半島

北韓が談話を発表 韓国に「差し出がましい」

Write: 2020-01-13 12:44:13

北韓が談話を発表 韓国に「差し出がましい」

Photo : KBS News

北韓は、アメリカが要求を受け入れない限り非核化交渉は行わないとする一方、韓国に対しては、「米朝の間に割り込むのは差し出がましい」として厳しく批判しました。
北韓外務省の金桂官(キム・ゲグァン)顧問は11日、談話を発表し、そのなかで米朝首脳間の関係は悪くないとしながらも、「アメリカがわれわれが示した要求を全面的に受け入れない限り非核化交渉は行わない」とけん制しました。
そして、「アメリカにその準備はできておらず、そうできないことも知っている。ベトナム・ハノイでの米朝首脳会談のように、核施設の廃棄と引き換えに、制裁解除を求める交渉は二度と行わない」とし、「われわれはわれわれの道を行く」と強調しました。
一方、韓国に対しては、厳しい姿勢を貫きました。
大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は、韓日米3か国の安全保障担当トップによる高官級協議に出席するためアメリカを訪れた際、トランプ大統領から金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長への誕生日のお祝いのメッセージの伝達を要請され、9日に北韓側に伝えたと、帰国後の10日、明らかにしています。
これに対して、金桂官顧問は、韓国が伝達する前に「特別な連絡ルート」でトランプ大統領の親書を直接受け取ったと明らかにし、「韓国には米朝の間の『仲裁者』の役割を果たそうという未練がまだあるようだが、米朝の首脳の親交に割り込むのは差し出がましい」と批判しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >