メニューへ 本文へ

社会

ソウル地下鉄 利用者減少で終電を午前0時に繰り上げ

Write: 2020-03-30 14:24:29

ソウル地下鉄 利用者減少で終電を午前0時に繰り上げ

Photo : YONHAP News

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、地下鉄の利用者が大幅に減少したことから、ソウル市は、地下鉄の終電をこれまでの午前1時から午前0時に繰り上げることになりました。
ソウル市によりますと、韓国政府が感染症に関する警戒レベルを4段階のうちもっとも高い「深刻」に引き上げた先月23日以降、地下鉄の1週間の利用者数は前の年の同じ期間に比べて40.5%減少したということです。
なかでも、深夜の時間帯の車両1両あたりの平均乗客数は平均6.4人と大幅に減ったということです。
「社会的距離」を取る措置が実施された今月16日から5日間に、深夜の時間帯の地下鉄の利用者数は、江南、弘大(ホンデ)入口、建大(コンデ)入口など若者が多く集まる駅を除くと、ほとんどで減少が目立ちました。
こうしたことから、ソウル市は、来月から地下鉄1号線から9号線、それに軽電鉄牛耳新設(ウイシンソル)線のすべての地下鉄の終電をこれまでの午前1時から午前0時に繰り上げる方針を明らかにしました。
ただ、深夜バスやタクシーはいままで通り運行されます。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >