メニューへ 本文へ

経済

韓国製品への輸入規制 ことし上半期は過去最多

Write: 2020-08-10 13:40:01Update: 2020-08-10 13:41:40

韓国製品への輸入規制 ことし上半期は過去最多

Photo : YONHAP News

ことし上半期の韓国製品への輸入規制の件数がこれまででもっとも多かったことがわかりました。 
KOTRA=大韓貿易投資振興公社が最近まとめた報告書「2020年上半期の韓国に対する輸入規制の動向と下半期の見通し」によりますと、ことし6月30日の時点で、韓国製品への輸入規制は28か国で226件にのぼり、これまででもっとも多かったということです。
韓国製品への輸入規制は、2011年に117件だったものが去年210件となり、初めて200件を超えました。
輸入規制を措置別に見ますと、アンチ・ダンピングが165件でもっとも多く、セーフガード52件、補助金相殺関税9件の順でした。
国別には、アメリカが44件でもっとも多く、インド34件、中国17件などの順で、品目別には、鉄鋼と金属製品が半数近い108件ともっとも多く、化学製品54件、ゴム・プラスチック製品18件などの順でした。
KOTRAは、アメリカが11月の大統領選挙を前に、自国の製造業の保護や育成のための保護貿易措置を強化することが見込まれるほか、中国もアメリカとの貿易摩擦が続くなか、アメリカをけん制する手段として輸入規制を用いる可能性があるなど、今後、貿易環境はさらに厳しくなるとみています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >