メニューへ 本文へ

政治

文大統領、バイデン大統領に祝電 首脳会談早期開催の意向示す

Write: 2021-01-21 10:18:28

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、アメリカの第46代大統領に就任したバイデン大統領に祝電を送りました。
文大統領は21日、現地時間の20日にワシントンで開かれた就任式で大統領に就任したバイデン大統領に祝電を送り、「バイデン大統領が強調してきた和合と再建のメッセージはアメリカ国民に大きく響いている。アメリカの統合と繁栄を実現するものと期待している」と述べました。
文大統領はまた、新型コロナウイルス、気候変動、経済危機などのグローバルな課題に対応するうえで、バイデン大統領のリーダーシップが発揮されることを期待すると語りました。
そして、「韓国はアメリカの堅固な同盟であり、信頼できるパートナーだ」として、韓米同盟の強化、韓半島および域内の平和と繁栄のためにも、揺るぎない協力を持続する考えを強調しました。
とくに、文大統領は、「近いうちに直接あって友情と信頼を深め、共同の関心事について虚心坦懐に会話を交わしたい」として、韓米首脳会談を早期に開催する意向を示しました。
文大統領はこの日、自身のSNSにもバイデン大統領の就任を祝う書き込みを投稿し、「バイデン政権のスタートに韓国も同行する。一緒に進もう」と呼びかけました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >