メニューへ 本文へ

水塩の製造・販売を手がける「カウゴールド」

#韓国技あり企業 l 2019-12-02

週間経済フォーカス

© COWGOLD

きょうご紹介した企業は、ソウル市松坡(ソンパ)区にある中小企業で、水塩を製造・販売する「カウゴールド」です。「カウゴールド」は、2016年に設立されました。

「カウゴールド」の塩は、特別な材料からつくられています。韓半島西海岸の干潟で生産され、ミネラル、鉄分、カルシウムが豊富に含まれている「シナン天日塩」を、地球上に存在する鉱物の中で唯一、永久に微弱電流を発生するトルマリン=電気石を使って、非常に安定した分子構造を持つ水で身体に良いとされる六角水に溶かし5回にわたってろ過します。

「カウゴールド」が独自に開発した精製プロセスを経ると、天日塩の良い成分はそのまま残り、不純物は99.9%除去されます。塩は粉末ではなく、液体、つまり水塩になります。これを簡単に使えるよう、スプレー容器に入れて販売しています。


© COWGOLD

「カウゴールド」の水塩は、ナトリウムの含有量が非常に少ないのが特徴です。3回噴射したときの量が1グラムですが、その中に含まれたナトリウムは0.0299グラムと、粉の塩の30分の1に過ぎません。また、スプレータイプなので、微妙な塩加減を自在に調整でき、塩味が素早くまんべんなく行き渡り、素材の旨味が引き立ちます。

「カウゴールド」は、去年、フランスを代表する食品業界専門誌「LSA」が選定する「LSAイノベーション賞」で金賞を受賞しました。

「カウゴールド」の水塩はフランスに輸出されていて、ナトリウムを抑えた健康で安心できる水塩を武器に、世界一の座に挑みたいとしています。

おすすめのコンテンツ