メニューへ 本文へ

文化

ユン・ゴウンの短編小説「オムレツが走る夜」

#ラジオ図書館 l 2020-11-03

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

鳥インフルエンザが襲ってきた冬。

ニュースでは卵の価格が高騰していると報じられ、

旧正月の贈り物に卵が登場した。

ほとんどの定食屋で当たり前のように出てきた卵料理は完全に姿を消した。

卵を好きなだけ食べるために海外へ向かう人もいた。

飛行機が運んでくる卵を待つ人もいた。

こんな状況でその集いが卵120個の協賛を受けたのはすごいことだった。


AI가 휩쓴 겨울.

뉴스에서는 사람들이 체감하는 계란 한 판의 가격이

거의 만 원에 육박한다고 했다.

설 선물세트로 계란 한 줄이 등장하는가 하면,

대부분의 가정식 백반에 오르던 계란 반찬은

완전히 종적을 감췄다.

어떤 사람들은 단지 계란을 마음껏 먹기 위해서

비행기를 타고 바다를 건너기도 했고,

어떤 사람들은 비행기가 공수해 올 계란을 기다렸다.

이런 상황에서 그 모임이 계란을 네 판이나 협찬 받은 건 대단한 일이었다.



鳥インフルエンザの影響で卵の価格が高騰した当時、

「幸せな人たち」という名のイベント会社のスタッフは

卵120個の協賛を受けて合宿旅行に出かけます。

小説「オムレツが走る夜」は

旅行先で繰り広げられたハプニングを描いています。



「オムレツはどうでしょう。」

「オムレツ?オムレツが酔い覚ましに良いんですか?」

「よく作って食べるんです。

柔らかくて、たんぱく質ですし、卵ならいつも冷蔵庫にありますし、

まあ、最近は高くなってしましましたけど...」


台所へ向かいながら、ウジュンは「卵が3つ残っていた」とか、

「18センチのフライパンが良い」とか、

「パプリカはあるがハムやチーズはないだろう」としゃべり続けた。


ウジュンは素早くオムレツを作った。

いい匂いがした。


ヨンギョンは特別な瞬間、私的な時間、

つまり本当のイベントが自分に向かって歩いてきているのかも知れないと感じた。


“오믈렛 같은 건 어때요?”

“오믈렛은 왜, 오믈렛이 해장에 좋대요?” 

“자주 만들어 먹거든요.

 부드럽고 단백질이고 계란은 늘 냉장고에 있고, 뭐 요즘엔 아니지만” 


그들이 부엌으로 들어가는 동안 우준은 ‘계란이 딱 세 개 남아있더라구요’ 라든지

‘18cm 팬이 딱 좋은데’라든지 ‘햄이나 치즈는 없을 거예요’ 따위의 말을 했다.


우준은 정말 금새 오믈렛을 만들었다.

일단 냄새가 좋았다.


연경은 자신에게 특별한 순간, 사적인 시간,

그러니까 진짜 이벤트가 뚜벅뚜벅 오고 있는 건지도 모른다고 느꼈다




作家:ユン・ゴウン(1980. ~ 、ソウル生まれ )

デビュー:2003年 小説「ピアシング」で大山大学文学賞受賞、登壇

受賞:2008年 ハンギョレ文学賞、2011年 李孝石文学賞、

2015年 金容益小説文学賞など

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >