メニューへ 本文へ

国際

米大統領「サムスンと競争するアップル助ける」 関税免除か

Write: 2019-08-22 14:16:03Update: 2019-08-22 16:59:22

Photo : KBS News

アメリカのトランプ大統領は、サムスンとシェア争いを繰り広げているアップルを支援する考えを改めて示しました。
トランプ大統領は、現地時間の21日、ホワイトハウスで記者らに対し「競争相手のサムスンは関税を払わずに、アップルのティム・クックCEOだけが関税を払うというのは問題がある。私は彼を短期的に助けるつもりだ」と述べました。
アメリカと中国の貿易摩擦において、トランプ大統領の武器は中国に対する追加関税ですが、アップルはアメリカの企業でありながら工場の多くは中国にあります。このため、「アイフォン」や「エアポッド」などの主力商品も関税の対象となります。
もともとアップルの製品はサムスンに比べ値段が高かったため、関税まで加われば価格競争で不利にならざるを得ません。
トランプ大統領がいう支援の方法については、アップルに対する一時的な関税免除が有力とされていますが、サムスンに不利益を与える措置が取られる可能性もゼロではないとする見方もあります。

おすすめのコンテンツ