メニューへ 本文へ

社会

韓国海洋警察 急増する中国違法操業受け「取締り強化する」

Write: 2020-10-30 03:06:18Update: 2020-10-30 11:02:59

韓国海洋警察 急増する中国違法操業受け「取締り強化する」

韓国のEEZ=排他的経済水域で、中国の漁船による違法操業が急増していることを受け、海洋警察は、新型コロナウイルスの防止のため控えていた拿捕など強制措置を再開し、対応を強化する方針を示しました。 
韓半島の西の海、西海を担当する西部地方海洋警察は、新型コロナの感染拡大防止のため、今年に入ってからは、違法漁船に対して、拿捕などの対面での取締りは控え、領海からの退去を警告するなど、非対面での警備を行ってきました。
しかし、最近、中国の漁船による違法操業が急増していることを踏まえ、今月29日から、違法操業している外国漁船に対し、臨検を行った後、拿捕するなど強力な対応を取ることにしたということです。
西部地方海洋警察は、この過程で新型コロナウイルスが韓国国内に流入しないよう、感染防止対策を徹底する方針です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >