メニューへ 本文へ
Go Top

CRM=顧客管理システムを開発・販売する「フィンガーポスト」

#韓国技あり企業 l 2021-04-12

週間経済フォーカス

ⓒ FINGERPOST

きょうご紹介した企業は、ソウル市九老(クロ)区にあるIT企業、「フィンガーポスト」です。「フィンガーポスト」は2006年に設立され、CRM=顧客管理システムを開発しています。

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称で、顧客関係管理を意味します。顧客の情報を管理・分析して営業活動に活かし、売上の増大につなげるためのツールです。顧客の住所や電話番号、メールや電話などのコミュニケーション履歴、購入履歴などあらゆる情報をデジタル化し、CRMシステムに蓄積することで、営業をはじめとした企業活動を支えることが可能となります。

「フィンガーポスト」が開発したCRMソリューション「フィンガーセールス」は様々な強みをもとに、アシアナ航空やハナ金融投資などの大企業から中小・中堅企業に至るまで、600社以上の顧客を確保しています。

「フィンガーセールス」は、顧客に関する情報を管理する機能をスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン、スマートウォッチなど多様なIT機器を用いて利用することができます。ソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要がなく、ホームページで登録し、決済するだけですぐに利用できます。また、初期導入費用と維持費用が高い外国製のCRMソリューションに比べて、相対的に安いコストで利用できます。韓国の営業環境に合わせた機能を提供しているほか、徹底したアフターケアを実施しています。

「フィンガーポスト」は、「フィンガーセールス」をB2B=企業間取引でも活用できるよう工夫しているところです。新型コロナによって非対面営業を余儀なくされるなか、実質的な売上拡大につながるCRMソリューションは、多くのB2B企業から注目されています。

韓国でCRMを導入している企業の割合は50%を下回っています。韓国だけでなく、アメリカやヨーロッパに比べるとアジアのCRM市場は、成長が鈍いのが現状です。その分、今後の可能性が大きいといえるわけですが、「フィンガーポスト」が今後、アジア市場でどこまで存在感を高めていくのか、楽しみに見守りたいと思います。


ⓒ FINGERPOST

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >