メニューへ 本文へ
Go Top

経済

サイバーセキュリティ対策の専門企業、「スティーリアン」

#韓国技あり企業 l 2021-05-24

週間経済フォーカス

ⓒ STEALIEN

きょうご紹介した企業は、ソウル市龍山(ヨンサン)区にあるサイバーセキュリティ対策の専門企業、「スティーリアン」です。「スティーリアン」は2015年に設立され、モバイル・アプリ・セキュリティ・ソリューションやウェブ上での模擬ハッキング、脆弱性分析などのサービスを提供しています。

創業者であるパク・チャナム代表は、サイバー攻撃から企業を守る「ホワイトハッカー」出身で、業界では有名人です。高校生のときに、ハッカーたちのオリンピックと呼ばれる「DEFCON(デフコン)」で入賞するなど、国内外のハッカーコンテストで注目を集めました。2018年にはアメリカの経済経済誌から、アジアの影響力ある30歳未満のリーダー30人を選定する「30アンダー30アジア」の一人に選ばれています。パク代表以外にも、社員のほとんどがホワイトハッカー出身で、「スティーリアン」では、攻撃者の視点に立って、セキュリティコンサルティングを行っています。

たとえば、金融機関からコンサルティングの依頼が入ると、「スティーリアン」に所属するホワイトハッカーが直接企業のネットワークやウェブサイトに対してハッキング攻撃を行い、セキュリティの脆弱性を見つけ出します。そして、そうした脆弱性のために起こり得る被害、外部からの攻撃者が攻撃を仕掛けてきたときにおこり得ることについて説明し、対応策を提案しています。 

「スティーリアン」の高い技術力は広く認められていて、地方自治体や検察など政府機関も「スティーリアン」のサービスを利用しています。

主力商品としては、モバイル・アプリ・セキュリティ・ソリューション「アップスート・シリーズ(AppSuit Series)」があります。「アップスート」は、悪意あるコードを挿入してアプリを変造・配布する行為を防ぐソリューションです。ハッキング・セキュリティー教育システムである「サイバー・ドリル・システム(Cyber Drill System)」も主力商品の一つです。

「スティーリアン」は、毎年、大幅な成長を続けています。設立初年度の売上は5億ウォンに過ぎませんでしたが、それから5年間で、10倍の50憶ウォンに増えました。そして去年、パク・チャナム代表が、中小ベンチャー企業部が選定する「尊敬される企業家」に選ばれるという快挙を成し遂げました。歴代最年少の記録です。

「スティーリアン」は、 技術力で世界市場をリードする企業を目指し、今も研究開発を重ねています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >