メニューへ 本文へ
Go Top

経済

AI=人工知能対話ソリューションを開発・提供する「オートゥーオー」

#韓国技あり企業 l 2021-10-18

週間経済フォーカス

ⓒ O2O

きょうご紹介した企業は、ソウル市瑞草(ソチョ)区にあるIT企業「オートゥーオー」です。「オートゥーオー」は2017年8月に設立され、AI=人工知能対話ソリューションを開発・提供しています。

「オートゥーオー」の音声ソリューションの特徴は、クラウド上でサービスを行っていることと、 44か国語に対応していることです。クラウドベースであるため、スマートフォンにアプリをダウンロードしなくてもサービスを利用することができます。「オートゥーオー」は、AIソリューションとの自然な会話を実現するため、任意の質問に答えることができる機械読み取りシステムを開発しました。事前に大量のテキストを機械に学習させ、予想外の質問を受けても、その質問を理解し、それに対する答えを見つけられるようにしたのです。 

「オートゥーオー」は、観光案内などのプロジェクトを多数行っています。特に、去年行われた国会議員を選ぶ総選挙では、「オートゥーオー」が開発した選挙運動をサポート音声ソリューションが大きな注目を集めました。ユーザーがスマートフォンを使って候補に公約や政策について音声で質問すると、これに対して候補の声で答えるもので、視覚障害者やテキストの入力が困難な人も簡単に情報を得ることができます。来年の地方選挙でも活躍すると期待されています。

「オートゥーオー」は、これまで、「雇用創出優秀企業賞」や「人材育成中小企業表彰」を受けました。

「オートゥーオー」は、中学校の教科に対応した学習用音声ソリューションを開発し、教育の分野での活用を広げていく考えです。その一環として、「オートゥーオー」はこのほど、英語学習のためのゲーム型音声ソリューションを開発しました。

海外進出にも積極的に取り組んでいます。シンガポールに法人を設立し、インドネシアやタイなど東南アジアを手始めに、北米、ヨーロッパ市場へと、サービスを拡大する計画です。

より便利で幸せを感じる世界を目指し、日々精進する「オートゥーオー」を応援したいと思います。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >