メニューへ 本文へ

国際

文大統領「2050年カーボンニュートラル宣言」に国連総長が歓迎声明

Write: 2020-10-29 15:04:58Update: 2020-10-29 15:38:06

文大統領「2050年カーボンニュートラル宣言」に国連総長が歓迎声明

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにするカーボンニュートラルを目指すと表明したことについて、国連のグテーレス事務総長は歓迎の意を表しました。
国連の報道官は29日、声明を通じて、「事務総長は、2050年までに『ゼロ排出』を達成させるという文大統領の約束に大きな力を得た」と明らかにしたうえで、「7月に発表された韓国の模範的な『グリーンニューディール』に続いて、正しい方向に進む大変前向きな歩みだ」と評価しました。
報道官はまた、「事務総長は、2050年までに持続可能かつ、カーボンニュートラルで気候が回復する世界を作るという目標を達成するために、具体的な政策措置が提案され移行されることを期待している」とし、「これには、韓国が改正された温室効果ガスの各国の削減目標(NDC)を国連気候変動枠組条約締約国会議(COP26)に提出することも含まれている」と付け加えました。
文大統領は28日、2021年度の予算案を説明する施政方針演説で、「国際社会と共に気候変動に積極的に対応し、2050年のカーボンニュートラルの実現を目標に取り組んでいく」として、具体的な目標を掲げました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >