北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

北韓のミネラルウォーター 7年ぶり韓国へ搬入

ニュース2017-11-15
北韓のミネラルウォーター 7年ぶり韓国へ搬入

北韓で生産された「金剛山ミネラルウォーター」が、韓国政府が北韓との交流を全面禁止した5.24措置が施行されて以降初めて、韓国に搬入されることになりました。
「5.24措置」は、2010年3月に西の海、西海で起きた韓国海軍の哨戒艦沈没事件を機に、当事の李明博政権が北韓との交流と貿易を全面禁止したもので、今なお施行されているものです。
統一部は、韓国の市民団体が申請した、北韓の金剛山地域で生産された500ミリリットル4万6000本の「金剛山ミネラルウォーター」の韓国への搬入を最近、承認したことを15日、明らかにしました。
この市民団体は、「金剛山ミネラルウォーター」を、今月20日頃ソウルで開かれる韓国建国記念日「開天節」記念行事の祭壇に用いる計画だということです。
統一部は、商業用でないうえ、対北韓制裁の枠組みの中で民間交流については幅広い範囲で許可する必要があり、承認したことを確認しました。
「5.24措置」以後、北韓の製品が政府の承認を受け、韓国に搬入されるのは初めてです。

新着ニュース