北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

南北対話の予定が続く 次官級・IOC・軍事

ニュース2018-01-16
南北対話の予定が続く 次官級・IOC・軍事

北韓の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックへの参加について議論する南北対話が相次いで行われます。
韓国と北韓は、今月9日の高官級会談、15日の実務者協議に続いて、17日には、板門店の韓国側施設「平和の家」で次官級協議を行います。
次官級協議では、北韓の大会参加をめぐって、北韓訪問団の移動経路、滞在費の負担、開会式での合同入場、女子アイスホッケーの南北合同チーム結成など、先の実務者協議で合意がなされた芸術団の派遣を除くすべての内容が議題となるものとみられます。
このうち400人から500人に上る北韓の高官級代表団や選手団、応援団など、訪問団の移動経路に関心が集まっています。
韓国政府は象徴性を考慮して、陸路での韓国入りを望んでいるということです。
そして開会式で、南北が合同で入場するかどうかや南北合同チームの結成、韓半島旗をかかげるかどうか、北韓選手団の規模などは、20日にスイスで行われるIOC=国際オリンピック委員会と南北間の協議で最終的に決まるとみられます。
このうち北韓からの訪問団の滞在費については、選手団の滞在費はIOCが、ほかの訪問団の滞在費は韓国が負担する方向で議論が進められそうです。
一方、今月末には、軍事当局者会談が開かれる見通しです。
この会談では、大会参加のため軍事境界線を越えて韓国側に来る北韓代表団の通行の支援などが主な議題となりますが、双方の敵対行為の中止など軍事的行為も包括的な議題に含まれるものとみられます。

新着ニュース