北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

テニスの鄭現 全豪・準決勝進出するも途中棄権

ニュース2018-01-27
テニスの鄭現 全豪・準決勝進出するも途中棄権

韓国テニスの看板スター、鄭現(チョン・ヒョン、21)が、26日の全豪オープン準決勝で足の痛みを訴えて途中棄権しました。
世界ランキング58位となっている鄭現は、オーストラリアのメルボルンで行われている全豪オープンに出場し、3回戦で世界ランキング4位のドイツのアレクサンダー・ズベレフ、4回戦で元世界1位のセルビアのジョコビッチを破り、ベスト8を決めました。準々決勝では、世界ランキング97位のアメリカのテニース・サンドグレンをストレートで勝ち、韓国勢として初めて4大大会の4強入りを果たしました。
そして26日に行われたスイスのフェデラーとの準決勝を、1-6、2-5と苦戦の第2セットの途中、足の痛みを訴えて途中棄権しました。
鄭現は準決勝どまりとなりましたが、全豪オープンでアジア勢が準決勝に挑んだのは86年ぶりです。

新着ニュース