6.25韓国戦争、そして 70年のパノラマ

1950年6月25日日曜日午前4時 北韓軍の奇襲攻撃によって始まった民族の悲劇、韓国戦争 そして、その後の70年… 銃声と砲声、戦争の爪痕による叫喚は止んで久しいですが、 分断の悲しみは、今なお終わっていません。 ときには衝突し反目したものの、決して諦めることなく 平和な、ひとつの祖国を目指し歩んできた70年を振り返ります。

VIEW MORE
scroll down

ニュース

北韓の金与正党副部長 「終戦宣言は興味深い提案」 主なニュース 北韓の金与正党副部長 「終戦宣言は興味深い提案」 北韓の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が提案した終戦宣言について、前向きな認識を示すとともに、「今後の韓国の態度次第で関係改善を議論できる」と述べました。 金氏は24日、朝鮮中央通信を通じて談話を発表し、「終戦宣言は悪くない。長期間続いている韓半島の不安定な停戦状態を終わらせ、相手に対する敵視を撤回するという意味で、興味深い提案であり、良い発想だ」と述べました。 一方で、金与正氏は、「終戦が宣言されるためには、互いに対する尊重が保障され、相手に対する敵視政策と不公平なダブルスタンダードがまず撤回されなければならない。先決条件が整ってこそ、互いに向かい合って意義のある終戦宣言ができる」と述べ、条件をつけました。 金氏はそのうえで、「韓国が我々を刺激し、ダブルスタンダードを持って難癖をつけていた過去を遠ざけ、今後の言動に気を付け、敵対的でさえなければ、いくらでも北南間で再び緊密なコミュニケーションを維持し、関係回復と発展について建設的な議論をしてみる用意がある」とも述べました。 北韓は24日午前、リ・テソン外務次官名義で「終戦宣言は時期尚早」とする談話を出しましたが、それからわずか7時間後に金与正副部長の名義で発言のトーンを和らげた談話を出したもので、注目されます。 2021-09-24
統一部 対北韓人道事業に100億ウォンを支援 主なニュース 統一部 対北韓人道事業に100億ウォンを支援 政府は、北韓に対する栄養・保健支援事業を計画している民間団体に対し、総額100億ウォンを限度として支援する方針を決めました。 政府は24日、南北交流協力推進協議会を開き、民間団体が北韓に対して実施する栄養・保健協力事業について、南北協力基金を使って100億ウォンの限度内で支援する案を可決しました。 北韓の子ども、女性、障害者、高齢者などを対象に栄養‧保健事業を計画する民間団体が、北韓側との合意書など一定の要件を揃えて申し込めば、事業あたり5億ウォンまで支援を受けることができるということです。 李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は、南北交流協力推進協議会の冒頭発言で、「新型コロナによる封鎖が続き、北韓では食料や医療品などが足りない状況がますます深刻化していると伝えられている。国連などの国際機関だけでなく、韓国の民間団体からも、栄養・保健物資を早期に供給しなければならないという声が上がっている」と、支援の必要性を説明しました。 李長官はそのうえで、 「人道的協力は、韓米の協力事業でもあり、アメリカをはじめとする国際社会が認識を共有する事案だ」と述べました。 協議会では、ソウルと北韓の元山を結ぶ京元(キョンウォン)線の南側区間の鉄道の復元・建設事業で土地の補償などにあてる11億ウォン7000万ウォンを支援することや、非武装地帯(DMZ)平和の道・高城(コソン)路線の道路の改修や補修事業に7億2000万ウォンを支援する案についても可決しました。 2021-09-24
文大統領「北韓は対話と外交の道を選択するだろう」 主なニュース 文大統領「北韓は対話と外交の道を選択するだろう」 文大統領は、「北韓は結局、対話と外交の道を選択するだろう」という認識を示しました。 文大統領は23日、アメリカ訪問を終えて帰国する大統領専用機の機内で記者らに対し、「国連総会をうまく活用すれば、南北関係を改善するきっかけになると期待していたが、思い通りにはいかなかった」と残念な気持ちをにじませました。 文大統領は、そのうえで、「結局、北韓も対話と外交の道を選択するだろう」との認識を示し、「ただ、今の政権では実現せず、次の政権で努力が続けられることになるかもしれないが、予断は難しい」と述べました。 文大統領はまた、来年の北京冬季オリンピックに合わせた南北首脳会談の可能性については、「南北関係が進展する機会があれば最後まで努力することが政府の責務」と述べました。 文大統領はさらに、「北韓に対する人道支援は国連制裁の対象ではない」と指摘し、北韓に対する国際社会の支援を呼びかけました。 国連総会で提案した終戦宣言については、「韓国駐留アメリカ軍の撤収や韓米同盟とは何の関係もない」としたうえで、「終戦宣言から始まる平和交渉と非核化交渉はツートラックで進める必要がある」と強調しました。 2021-09-24
Making Peace Together Making Peace Together 「2018南北首脳会談平壌」 日時:2018年9月18日(火)~2018年9月20日(木) 場所:平壌(北) 結果:9月平壌共同宣言 VIEW MORE
韓半島情勢日誌 韓半島情勢日誌 VIEW MORE