6.25韓国戦争、そして 70年のパノラマ

1950年6月25日日曜日午前4時 北韓軍の奇襲攻撃によって始まった民族の悲劇、韓国戦争 そして、その後の70年… 銃声と砲声、戦争の爪痕による叫喚は止んで久しいですが、 分断の悲しみは、今なお終わっていません。 ときには衝突し反目したものの、決して諦めることなく 平和な、ひとつの祖国を目指し歩んできた70年を振り返ります。

VIEW MORE
scroll down

ニュース

金正恩氏 政治局会議でコロナ対策強化を指示 主なニュース 金正恩氏 政治局会議でコロナ対策強化を指示 北韓の朝鮮中央通信は3日、朝鮮労働党政治局拡大会議が2日に平壌(ピョンヤン)で開かれ、新型コロナウイルスに対するこの半年間の対応について議論したと報じました。 司会を務めた金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は、周辺国で感染が再び広がり続けていると指摘し、「危険性が完全になくなるまで防疫活動を強化しなければならない」と強調したということです。 北韓は1月以降、国家非常防疫体制を敷き、中国との国境を実質封鎖する厳しい防疫措置を取っていると伝えられています。 北韓は4月11日にも朝鮮労働党政治局会議を開いて新型コロナウイルスへの対応を議論しています。 北韓は、自国内では感染者は確認されていないと主張していますが、4月に続いて新型コロナウイルスへの対応を話し合うための会議を再び開催したことから、北韓内でも感染が広がっているとの見方が出ています。 党機関紙、労働新聞は会議の様子が映った写真を掲載しましたが、出席者は誰もマスクをつけていません。 会議では「党の対外事業に関する重要問題」も話し合われたとしていますが、南北関係に関する内容は公表されませんでした。 2020-07-03
ボルトン氏 「大統領選の前に米朝首脳会談の可能性」 主なニュース ボルトン氏 「大統領選の前に米朝首脳会談の可能性」 アメリカのトランプ大統領が、今年11月の大統領選の前に米朝首脳会談を行う可能性があると、ボルトン前大統領補佐官が語りました。 ボルトン氏は現地時間の2日、ニューヨークの外信記者協会主催のインターネット懇談会で、3回目の米朝首脳会談開催の可能性を問う質問に「‘10月のサプライズ’という言葉がある。大統領が厳しい苦境に立たされていると感じたら、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との新たな会談が、再び状況をひっくり返すことのできるものにみえるかもしれない」と述べました。 これは、トランプ大統領が選挙を有利に運ぶため、北韓との会談を推進する可能性があるとの見方を示したもので、アメリカの韓半島専門家からも同じような見方が出ています。 アメリカのシンクタンク「国益研究センター(CNI)」のハリー・カジアニス韓国担当局長は現地時間の2日、大統領選の前に3回目の米朝首脳会談が開かれる可能性について、「先週ワシントンで可能性があるように思わせるに十分な話があった」と述べました。 このほか、アメリカのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)が韓国国際交流財団と共同で開催した韓半島関連セミナーでは、トランプ大統領が北韓の寧辺(ヨンビョン)核施設の廃棄を求め、それと引き換えに北韓に対する制裁を一部解除することを提案する可能性があるとの発言が出るなど、‘10月のサプライズ’を排除できないとする見方が複数の専門家から示されました。 2020-07-03
Making Peace Together Making Peace Together 「2018南北首脳会談平壌」 日時:2018年9月18日(火)~2018年9月20日(木) 場所:平壌(北) 結果:9月平壌共同宣言 VIEW MORE
韓半島情勢日誌 韓半島情勢日誌 VIEW MORE